スカルプシャンプーに含まれている成分について徹底解説

スカルプシャンプーに含まれている成分について徹底解説

育毛対策としてまずはトライしたいのがいつものシャンプーを育毛タイプのスカルプシャンプーに変えることです。

 

育毛のプロが長い研究のなかで見つけた成分が惜しみなく使われています。

 

配合成分には商品が違ってもおおよそ共通するものもあれば、そのスカルプシャンプーが独自に配合している成分もあります。

 

 

 

スカルプシャンプーは単に髪の毛にツヤを与えたりきしみを防いで通りを良くするだけでなく、頭皮にアプローチして髪の毛の成長を促進させるような成分も含まれています。

 

というのも、薄毛で悩む人はほぼ頭皮の環境が著しく悪化していることが明らかだからです。

 

 

 

ハゲている人の頭皮が脂でテカっているの見たことがあると思いますが、薄毛の人は頭皮の皮脂分泌が過剰になっているだけでなく、毎日のシャンプーで皮膚を保護するのに必要な皮脂を洗い流していることも多く見られます。

 

 

 

そうした皮脂の過剰分泌を予防するためスカルプシャンプーの多くがアミノ酸系の成分から作られています。

 

アミノ酸系成分がメインだと、一般的に使われている石油系シャンプーより適度に皮脂量を残しながら不要な頭皮の脂や汚れを優しく洗ってくれるメリットがあります。
石油系シャンプーは洗浄力が強いのが特徴です。

 

一見するとギトギトになった皮脂をごっそり洗い流す方が良いように思えますが、アミノ酸系成分のようにバランス良く洗ってくれるほうが頭皮のためにもベターです。

 

 

 

薄毛に悩み始めるとついつい頭皮というものを何か特別なものと思い込んでしまいがちです。

 

しかし、頭皮も皮膚であることにはちがいがないため、基本的なお手入れは美容で行われるスキンケアに似ています。

 

シャンプーで皮脂を洗い流すとアミノ酸系シャンプーを使っていたとしても頭皮が刺激に対して無防備な状態となります。

 

 

 

そこでデリケートになった素肌にバリアを張るために美容成分として有名なヒアルロン酸やコラーゲン、育毛作用のあるチンピやニンジンなどの生薬エキスが含まれているスカルプシャンプーもあります。

 

 

 

このように、スカルプシャンプーに配合されている成分と言っても頭皮の状態をいかに改善して抜け毛を予防し、髪の成長サイクルを正常化するかを中心に組み合わせが考えられています。

 

健康な頭皮へとリードするために、血行促進作用、抗炎症作用、保湿作用など、お肌のお手入れと共通する成分が使われていると考えてよいでしょう。