ストレスが髪に与える影響とは?その原因についてのお話

ストレスが髪に与える影響とは?その原因についてのお話

ストレスが原因で一晩にして円形脱毛症になってしまった、という嘘のような話を耳にします。

 

たしかに、人間は担いきれないほどのストレスがあると心身ともに多大なダメージをこうむってしまうものです。

 

ストレスは病気の大きな原因であることからしても、髪の毛に与える影響は計り知れません。

 

ストレスをいかにコントロールするかというテーマは髪の毛の健康にとっても重要な問題です。

 

 

 

ストレスがもたらす悪影響はいくつかありますが、もっとも指摘されているのが血行不良です。

 

人間食べ物から吸収した栄養を血液にのせて全身に送り届けています。

 

したがって、その通り道である血管がストレスによって収縮すると血流が少なくなるため体の細胞は必要な栄養素を十分に受け取ることができなくなります。

 

 

 

そもそも人間の体は交感神経と副交感神経が交互に入れ替わることで健康的な毎日を送ることができる仕組みを備えています。

 

適度なストレスはやる気を引き出し仕事や趣味に気持ちを傾けるために大切なことです。

 

そうしたとき、交感神経が優位になるため血流をセーブして行動しやすくします。

 

 

 

しかし、常にストレスにさらされて交感神経モードが続くと血管が収縮して血行が低下し、全身に栄養や酸素が届きにくくなるのです。

 

こうしたダメージはまず人間の体にとって優先順位の低い髪の毛や肌から影響が現れます。

 

ストレスで真っ先に薄毛になったり肌の調子がいまいちになるのはこうした生命のシステムによるものです。

 

 

 

もちろん、内臓や脳、筋肉といった大切な機能を守るためのものとはいえ、どんどん髪の毛が失われてしまうのは大変辛いことです。

 

そこで少しでもストレスの影響をやわらげるためのテクニックが大切となります。

 

 

 

仕事や家庭の問題などで大きなストレスを抱えているときだからこそ、積極的にストレス解消の機会を作ることが髪の毛の健康を守ることにつながります。

 

睡眠をしっかり確保したり、軽いスポーツで汗を流したり、趣味に没頭したり。

 

 

 

こうした「ゆとり」「遊び」のある生活はストレスを軽減し、交感神経優位で緊張し切った状態をゆるやかにリラックスモードにリードしてくれます。

 

もちろん、健康のため、髪のためだからといって、過剰に反応し、リラックスしなければならないと思い込んでしまうのも避けなければなりません。

 

ちょっとした工夫で日頃からストレス発散をできるテクニックを見つけておきたいものです。