自然由来の成分は本当に効果があるのか。シャンプーの違いについて

自然由来の成分は本当に効果があるのか。シャンプーの違いについて

一生、使い続けるシャンプーだからこそ、体の優しいものを使いたいという人が増えています。

 

とくに、市販されているほとんどのシャンプーが石油系と呼ばれる成分で作られいて、髪の毛や頭皮の健康にあまりよくないのではないか、という認識がだんだん広がってきました。

 

そんな中、オーガニックブーム、ナチュラル志向などを背景に頭皮にマイルドな天然成分を使いたいという消費者が多くなっているようです。

 

 

 

界面活性剤を中心とした洗浄力抜群の石油系シャンプーは、たしかに洗い上がりもスッキリとしていて安価なことから爆発的に普及しました。

 

一方で、あまりに強い洗浄力によって頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまい、髪の毛や頭皮のトラブルを引き起こす原因の一つにも数えられています。

 

 

 

そうしたリスクを避けるためにも、シャンプー選びは慎重にすべきでしょう。

 

とくに成分に着目してナチュラルな配合となっているかどうかを比べて見ることは髪の毛の健康のために当たり前となっています。

 

 

 

まず、シャンプーで気になるのが香料です。

 

匂いに敏感な人が増えているため、必要のない香料は含まれていないシャンプーがおすすめです。

 

また、育毛成分として配合されているものもなるべく化学的な成分を避けて、天然由来成分を選ぶようにします。

 

 

 

多くの育毛シャンプーでは天然由来成分として東洋医学から応用した生薬エキスや西洋で古くから使われてきたハーブエキスが使用されています。

 

海から得られたミネラルや海藻類由来の成分も人気です。

 

このほか、コラーゲンやヒアルロン酸といった美容成分も天然由来のものがあり育毛シャンプーに使われていることがあります。

 

 

 

このほか、育毛シャンプーに配合される天然由来成分で人気が高いのがアロエエキスです。

 

昔から民間療法としてキズヤヤケドのときに塗ると治りが早くなると言われてきました。

 

アロエは保湿作用が優れており、乾燥しがちな頭皮に潤いを与えるために多くの育毛商品で使われています。

 

もちろん天然由来成分ですので、肌にも馴染みやすく安心して使えるのがメリットです。

 

 

 

薬には一定の効果が期待できる反面、副作用のおそれがあるように、化学的な成分は薄毛や抜け毛が気になっていて、頭皮の状態がデリケートな場合、肌への負担が大きく思わぬトラブルを発生させることがあります。

 

こうしたリスクを未然に防ぐ意味でも、昔から使われてきて安心・安全な天然由来成分にはおだやかな効果が認められているためおすすめできます。