頭皮を清潔にすることは大切? 育毛との関係について

頭皮を清潔にすることは大切? 育毛との関係について

育毛だけでなく健康な人でさえ普段から頭皮を清潔に保つ意識は髪の毛のために不可欠な習慣です。

 

育毛対策の基本は「シャンプーに始まりシャンプーに終わる」とまでいわれるぐらい、シャンプーの選び方や正しいシャンプーができているかどうかは髪の健康をリードするか否かを大きく左右するものです。

 

 

 

元来、頭皮は人間の皮膚の中でもデリケートにできています。

 

ちょっとした刺激やストレスで肌荒れしたりかゆみが生まれたりということを、日常的な体験から感じていることでしょう。

 

紫外線にも弱いため長時間直射日光にさらされれうと頭皮へのダメージとなり髪の成長サイクルまでも狂わしかねないといわれています。

 

 

 

デリケートで繊細な頭皮はちょっと気を抜いただけで汚れやフケの温床となってしまいます。

 

酸化した頭皮は異臭を放ちますし、皮膚のトラブルを引き起こすさまざまな雑菌を増やすことにもなります。

 

シャンプーを毎日するという行為は単に美容のためだけでなく、頭皮の汚れを適切に落として臭いやフケを防ぐほか、髪の毛が次々と生えてくるサポートをしていると言っても過言ではないのです。

 

 

 

そのためにも一番大切なことは正しいシャンプーの流れに沿って洗髪をしているかにかかっています。

 

もしかして、シャンプーをただ手のひらにとって髪の毛につけてささっと洗っているだけ、という人はいませんか?

 

ここで正しいシャンプーのしかたを再度チェックしておき、効果的に頭皮の清潔が保てる習慣作りを見直しましょう。

 

 

 

シャンプーは市販の育毛シャンプーがおすすめです。

 

一般的なシャンプーは石油系シャンプーといわれており、頭皮に負担がかかりやすいものです。

 

一方、育毛シャンプーならアミノ酸系をメインとした地肌にやさしい成分によって作られているので弱った頭皮にも安心して使うことができます。

 

 

 

いきなりシャンプーを使うのではなく、お湯で髪の毛全体を流し、ざっと汚れを落とします。

 

そして、シャンプーを手にとってしっかりと泡立ててから髪全体にまんべんなくつけて、頭皮を指の腹でマッサージするイメージで洗っていきます。

 

 

 

最後にすすぎですが、シャンプー自体の効果に影響するほど大切な部分です。

 

とことん泡が消えて、これでもかというくらい流すくらいでちょうどよいほどです。

 

マイルドな成分の育毛シャンプーとはいえ髪の毛や頭皮に残ったままでは、せっかく洗ったのに残留成分が新たなトラブルを発生させます。

 

 

 

よく泡立てて、よくすすぐ。

 

一日一回を目安にシャンプーで頭皮を清潔に保ちましょう。